短期を含む中古車リースを利用するメリットとデメリット

定額料金で車を有効に活用できます

通常の場合、自動車に乗ろうとすれば、自動車自体の購入するケースでは車両購入代が求められたり、車検の時期になればどの程度コストが掛かるのだろうと心配事をしたり、税金にもその度ごとに応じることが不可欠です。しかしながら、中古車リースのケースでは、月に1回、規則に沿った定額の料金を払うことで車を使えるので、経済面での計画が立てやすいという利点があります。それに加えて、メンテナンスリース契約のケースでは、月ごとのリース料金に車検、あるいは法定点検などもセットされているので、車検時の大きいお金の事前準備などの懸念もなく、気がかりなく車を有効に活用することができます。

短期契約も可能で節税にも繋がります

期間に関しても1から3か月間というような短期的契約ができるところも見受けられます。レンタカーの様な時間単位での契約ということではなく、ある一定期間の短期だけ使いたいという需要にも当てはまる契約の締結スタイルとも言えます。ひとつの例として、会社の業務として3か月ほどの短期間使用したいが、買い入れるほどでもなく、1年での契約でも勿体ないという時には最適です。それに加えて、活用する事によって節税に結び付く利点もあります。主として会社組織や個人事業主が対象ですが、車両を借り受けることは、車両を固定資産へと計上しなくて問題ないということです。例年の決算期において手間のかかる減価償却を回避することができ費用も経費という形で計上することができるので、節税にも結びつきます。

契約することによって生じるデメリット

中古車リースのデメリットとしまして、まず契約スタイルにも影響されますが、契約で金利が掛かります。中古車両自体の価格のみならず車検費用、あるいは法定点検の費用に関しても金利が発生します。会社としましては利益を出さなくてはなりませんので、自明のことですが、契約金にマージンが入っているに見なすべきでしょう。自動車自体を買い入れて資産計上しながら月毎の支払いを計算するべきか、或いは一切合切を経費という形で計算に組み入れるか考えどころとなります。それに加えて、なにかしらの理由で自動車そのものが入用になったからと言って、短絡的に解約できるものにはなりません。契約ですから、途中解約に関しては違約金が生じることになります。それから、終了する場合に追加料金が生じるケースもあるので気をつける必要があります。走行距離制限が存在している契約のケースでは、そうした制限距離をオーバーした走行を行なうと、終了時にそのオーバーした走行距離相当分の料金を別料金で払うことが求められます。”