中古車の履歴が不安な人に安心の自社管理とは

中古車のリースを利用する方に取って、一番不安なのは車の履歴ですよね。走行距離が多かったり、車体に隠れたダメージがあったりすると、車に不具合も起こりかねません。ただ、多くの業者は自社管理を行っており、車の履歴を把握している点でユーザーには安心だといえます。自社管理のメリットは、それだけではありません。車検などのメンテナンスが、業者の手によって確実に行われており、車が隠れた不具合を持っているパターンを避けられます。そのため、ユーザーは新車とほぼ変わりない安全性を持った車に乗ることができるのです。

中古車であっても人気の運転サポート機能がある

現在、ほとんどの新車には運転サポート機能がついています。急発進を抑制して発進時に壁にぶつからないようにしたり、バックのとき人を感知したりする機能です。それらの機能は、安心と安全につながり、運転者にとっても通行人にとっても不利益を防げる重要なものだといえます。とはいえ、多くの人が中古車リースの車にそれらの機能がついているかどうか知らないと思います。ただ、多くのリース対象車が運転サポート機能を備えています。そのため、女性や高齢者など車の運転をする機会が少ないけれど、少し遠出するときには車が必要だという人に最適です。

気になる価格は相場で軽自動車が1万円

そこで、リースを利用したい人は価格の相場が気になると思います。年式にもよりますが、ほどほどに新しい年式の車でも、軽自動車で月1万円から借りることができます。ファミリータイプの車なら、1万5000円前後となり、軽自動車では無くてもリーズナブルな価格設定です。ただ、セダンの車では結構値が張るといえるでしょう。相場以外にも、利用者の財布にやさしい面があるので紹介します。それは、車検や整備の費用を業者が持ってくれる点です。先に紹介した、自社管理という点で車の品質を保持する一面もありますが、ユーザーの安全面からも頼りになるシステムだといえます。また、車検整備だけではなく、ガソリンの回数券のサービスや降雪地におけるタイヤの交換を無料で行うオプションもあります。そのほか、契約時の費用を支払うときボーナス時だけ高い金額を払うことも可能であり、弾力性のある支払いシステムです。また、業者によっては、契約期間が3年、5年、7年などと分かれてるのもあり、契約年数によって価格の相場が変わる面もあります。”